2019年02月06日

排気ラインの抜けが気持ちいいー!!


 曇り〜雨  8度  (友引)

もう少し降ってほしかった雨
P2060429.JPG


心臓部の排気ファンの汚れ
P2050422.JPG

ラインごとに、0H、メンテをして行く
P2050427.JPG

昨日は定休日で 年に3回の焙煎機の清掃メンテナンスを

一日がかりで終了した。 外せるパーツは全て外し

汚れ、カーボンなどを綺麗にする。

汚れ、カーボンの付き具合で4ヶ月間の焙煎が

見えてくる。 釜内の空気を取り込むダンパーと言う

同時に煙を俳出する役命をする構造物が付いている。

ダンパーの開け閉めで焙煎豆の風味が

まるっきり変わって来る。

開けて焙煎すると、すっきり優しい風味

閉ると、しっかりとしたうま味の風味

当然、火力の強弱でも風味は変わります。

開けてぎみで焙煎すると煙の通るラインが、より汚れる

閉めぎみで焙煎すると、カーボンの汚れが少ない。

当店は、煙の抜けが良くなるように一工夫してあるので

ラインの汚れを定期的に清掃しないと風味に影響大です。

清掃後の今朝、焙煎していて何時ものダンパー開け

ぐあいでもスムーズに煙の抜けが良く、すっきりに

焙煎豆が仕上がってます。




     明日も良い日で有りますように。





posted by マスター at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記