2018年06月29日

歴史と美味しさが有る どら焼き


晴天  28度  (友引)

朝から暑いと思いつつ、店の焙煎機の温度計を見たら

28度??えぇ〜〜暑い訳だ。

さっそく焙煎を始めて12時で終了、終わると同時に

エアコンをつけ一休み。まだ風が有るので救われた

配達を終え、エアコンの効いた店内でブログを書いている。



  このどら焼きの美味さを
  超える店がなかなか無い
P6290069.JPG

昨日お客さんから、ふくみやのどら焼きと豆大福を頂いた

いつ食べても美味しい。 今時のどら焼きはパンケーキ

みたいになってきている。 それはそれで良いのだが

少し寂しい、何かが流行ると皆なびいてしまう。

古い考えかも知らないが、覚悟をもって物作りをしたら

充実感と達成感を得られると思う。


食べながら何時も思うが、どら焼きのシューの焼き加減が

絶妙なのだ。 袋を開けた瞬間キャラメル現象で甘く

キャラメルの甘い香りが漂う。 限界ぎりぎりまで焼いてある

あと数秒焼いたら焦げ臭と苦味が出てしまう。

餡の濃さも、しつこさの無いコクの有る甘さで絶妙だ。

ふくみやのどら焼きと、ヤナイコーヒーのビタースイート

ベストマッチで嵌まりますよ。 「試す価値は有りますよ!」


今の時代、良い物を作っても待っているだけでは駄目と

セミナーなどでよく言われているが、本物を作れば世間は

自然と注目します。 「いつの時代もね」




     明日も良い日で有りますように。

posted by マスター at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183676631

この記事へのトラックバック